ニュース一覧

電話のオペレーター

オペレーター

仕事の内容

電話のオペレーターの仕事は企業などの求めに応じて、コールセンターなどで電話をうけて電話をかけてきた人へ必要とするサービスを提供したり、または電話をかけて営業活動などを行うといったものです。コールセンターの内容自体はコールセンターによってことなりますが、電話をうける場合にはインバウンド、電話をかける場合にはアウトバウンドに分類されます。インバウンドのコールセンターで需要が高いのがカスタマーサポートや通信販売などのコールセンターで、電話のオペレーターの仕事としてはインバウンドが中心です。一方でアウトバウンドは営業活動となるため出来高払いのケースが多く上手く行けば高い収入を得られます。このためインバウンドの時給は1100円前後であるのに対してアウトバウンドは1300円と若干高くまた出来高払いであるためより高い収入を得ることができます。一方で電話のオペレーターはコールセンターか、または派遣会社に登録して企業に派遣される2種類があります。コールセンターの場合にも企業が直接保有するものから企業からの依頼を受けて代理で営業しているところがありますが勤務先は固定です。一方で派遣は期間限定で企業が保有しているコールセンターや通常のオフィスなどに派遣されるものです。派遣の多くは一時的な人員不足によるヘルパーとして派遣されることも多いため、契約期間が修了すると延長されないケースもありますが、その分収入が高めです。

Copyright© 2018 転職サイトを使って貿易事務の仕事探し【紹介してもらえる】 All Rights Reserved.