ニュース一覧

確認しておきたいこと

工事現場

条件について

現場監督の求人に応募したいと考えているなら、最低限これだけは調べておきたいということがいくつかあります。もちろんどんな条件でも構わないなら、手当たり次第に現場監督の求人に応募すれば良いです。ただ、現場によってかなり内容が異なるため、急ぐ理由がない限りは、現場監督の求人内容を慎重にチェックしておくのが無難です。まず、どのエリアで現場監督をするのかを調べておく必要があるのです。求人広告によっては、自宅周辺だけのものもある反面、遠方の現場のことも載せているケースも珍しくありません。採用されたらいきなり出張と言われかねませんから、自分が行ける範囲なのかどうかを事前に聞いておきましょう。それから休日も、きちんと取れるのかが重要です。急ぎの現場の場合だと、土日も関係なく働くの当たり前になりがちです。職人たちは交代でも、現場監督が一人しかいないところだと、休めないのはよくあることです。いわゆるサービス残業になる可能性もゼロではないため、面接ではそのあたりのことを明確にしておくと、トラブルを避けられます。人によっては、現場監督としてブランクがある場合もあるでしょう。何年離職していたのかを話しておくことで、比較的簡単な現場に回してくれるなどの配慮のある会社も多いです。ただし、これまでいろんな現場を経験してきたのなら、それは遠慮せずに伝えるようにしたいです。有名な建物の建設や官庁の仕事をしているなら、給料アップにつながるかもしれないです。

Copyright© 2018 転職サイトを使って貿易事務の仕事探し【紹介してもらえる】 All Rights Reserved.